<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< トリムを取らないと、NAVIGATEはできない。 | main | THINK AHEAD >>
     2019.01.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


     2011.05.05 Thursday
今週は天気が悪い日が続いている。

今日もキャンセルだった。午前中の授業が終わり、いざ飛ぶぞ!という段になってBKN800の雲が南の海岸から襲ってきた。自分から見える範囲の空の5/8〜7/8を雲が覆っているという状態をBROKENといい、BKNと略す。800ftの低い雲だ。

TAFでは0204でBKN800という情報だったので、1時間ほど早く広がってきている。先週の晴天をもたらした高気圧が東の海上に抜けて、そこで停滞している。これが北東の風(海から陸へ吹く風)を常に吹き出していて、海から湿った空気が陸に向かって流れ込み、国土の東側に低い、層雲系の雲を運んでくる。雨のち晴れ。いや、晴れのち雲。まったく、厄介である。

今はCPL XCの訓練なので、すべての判断に「お金をもらって飛ぶ」ということを練りこむ。飛行をキャンセルするにも、お客さんが納得のいく理由を考える。お金をもらって飛ぶ以上、法律で定められた最低条件を満たしていれば、基本的に飛ばなければならないからだ。今は、自分で自分のフライトのお金を出しているので、お客さんとパイロットを一人二役で演じているだけだ。

今日のような場合、違う空港へダイバートする可能性などを説明してお客さんの了承を得た上で飛ぶ、「条件付フライト」を考える。ちょっとニュアンスは違うが、今日私がやったのはもともとプランしていたTIMARU-OAMARU(南に向かう便)をあきらめて、北に行って1時間で帰ってこられるルートを計画したことだった。

これは間違いだった。

天気が南から悪くなってきているので、単純に北に逃げたら良いのではと早合点した。ちょっと考えたらわかるが、これが頭のいい判断ではないことは明らかだ。行っても、帰ってこられない可能性が高い。

こういうときは、逆に南に向かう。悪いほうに向かって突っ込んでいって、ダメだったら引き返す、という方法だ。雲がもう少し南にいたら、できたかもしれない。でも、この段階では雲の先頭が空港の上空に入り込んできたので、NO GOである。お客さん役の自分が、金を出したくないと判断した。パイロットとしての自分は、法律上は飛べるので飛ぶ、という判断だった。

実際は、学校として学生をSOLOに出してよいMINIMAが決っているので、判断は1秒でできる。雲底が地上から1500FT以上なければ、基本的には飛べない。ただ、これとて自分でダイバート案や今後の天気の傾向(悪化傾向?回復傾向?)などをしっかり説明できれば、A-CATのAUTHORIZE のもと、飛ぶことはできるかもしれぬ。



フライトがなくても飛ぶことはできる。最近は地図を持ちながらハンガーの中にある超高性能シミュレータでイメージフライトの日々だ。TIMARUまでの64NM。この直線レグをTIME、ETA EET HALF WAY でのHDG CORRECTION、RADIO、エアスペースに入らないように高度を管理することなどで大忙しにして、それらを余裕できるように何回も何回も同じレグを繰り返し飛ぶ。頭の中でだ。地図上に自分が今飛んでいる想定の場所にXを取っていって、その横に時間を記入。GROUND SPEEDを出してみると、330KTなどと出る。笑 時速600km/hくらいか。そんな飛行機はこの学校にはない。(はず)

ただ、一緒にやっていたRYOもいっていたが、やがてそういう飛行機に乗るときが来る。300ktで飛行している時間間隔で今やっているすべてのことができるようになったら、通常のプロペラ機で余裕が出てくるに違いない。まったく、無駄ではない。B3にでも乗っている気でやろう。


IFRの学科も量が多くてかなり大変だ。もうテストのスケジュールも出た。あと2週間足らずか。。。


そうそう、


今日、先輩がCPLのフライトテストに合格した!PPLとIFを終わらせた状態で一時帰国されていて、1ヶ月前くらいに日本からこちらに到着し、ご自身でほとんどすべてのレッスンプランを立て、ちゃんと結果を出して、明日(←ここがすごい)帰国。こちらに来る前に日本の訓練の算段も立てられていたので、一週間後には日本での訓練を始められる。。。いろいろ、特に訓練への姿勢について、学ぶ点がたくさんありました。合格おめでとうございます!!
     2019.01.29 Tuesday



コメント
ありがとうございます。
無事日本に着きました。

今回はなかなかゆっくりお話できる時間がありませんでしたが、また情報交換していきましょう!

後悔のないよう全力でいきましょう!
  • DK(Drift King)
  • 2011.05.08 Sunday 21:35
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
スポンサードリンク

プロフィール
2010パイロット訓練
2013インストラクター
2018エアライン

命を削って、キャリアを掴む。

ブログ移行しました。
2018年9月から、note.muに移行しました。詳しくは、最後の記事の本文を参照ください。

おすすめリンク先。
  • » ■うさこの日々。
  • » ■IAANZ(フライトスクール 日本語版)
  • » ■IAANZ(フライトスクール)
  • » ■海外でパイロットへの道 IN NEW ZEALAND
  • » ■無料留学エージェントのサザンクロス
  • » ■手数料を節約して便利に海外送金する方法
  • » ■NZ大好き.com
  • » ■点描-brog-
  • » ■BLOG クライストチャーチ最高!&NZ生活 / 生活情報
  • » ■鳳文書林(航空図書 航空図 航空用品)
  • » ■国土交通省
  • » ■気象庁
  • » ■無料ブログ JUGEM
  • » ■ニュージーランドアカデミー

  • PR
    ランキング参加中
    にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    にほんブログ村
    JUGEM PLUS