<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< CHCHには桜がわりとたくさん。 | main | フライトテスト延期。。。 >>
     2019.01.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


     2011.10.01 Saturday
最後の試験が2週間後に迫っている。

その試験とは、CPL(Commercial Pilot Licence)。この資格を取って、NZでの訓練は終了。うわさによると、CPLのPETER(先回の記事に出てきた人です。。。)は、もっと怖いらしい。なるほど。まぁがんばろう。CPLでは双発機のセネカから離れて、単発機に戻る。そこで、こんな飛行機に乗ってみた!


【A2160 'Alfa'】

もともとフランスで作られていたR2160 ROBINという飛行機を、NZでライセンス生産したもの。なんとMADE IN New Zealandの飛行機だ。操縦桿がスティックタイプのもので、戦闘機のようだ。前から乗ってみたかったが、チェロキーに対して+$5/h、トマホークに対しては+$10/h。。。若干高いということで、XCの時は乗っていなかった。(といっても通常XCに使うWorrierと同じ値段。両者ともスピードが速いので、長い距離を飛ぶ場合はトマホークより安くつく場合がある。)

MEIRが終わった今、口座には16000ドルほど残っているという。双発機の時間をかなり抑えることができたのが大きい。お金の目処がついたのでAlfaに乗ってみたというわけだ。(ちなみに、訓練費の節約という点では、双発機の訓練をどれだけ抑えられるかが鍵だったが、本当はもっともっと双発機に乗りたかった。お金は節約できたが、何でもかんでもミニマムで行けばいいというわけではない。)


【操縦席はこんな感じ。】

これがまたものすごく面白い飛行機だ。

たとえばトマホークと比べると、翼が短く、エルロンが機軸に近いところについているのでバンクの際に機体がキビキビ動く。コントロールに遊びがない感じ。操縦桿の操作によく追随してくれるので飛行機との一体感がつかみやすく、楽しい。うむ、とにかく楽しいのだ。これぞ、飛行機。とばねぇ豚はただの豚である。



【新しく訓練の要件に加わった「Terrain awareness」というレッスン。山合いを低高度で飛び、そこにあるリスクを改めて認識させるのが目的らしい。教官との同乗教育が義務化されているこの訓練でAlfaを試してみたというわけだ。このビデオには載っていないが、さらに高度を下げ、フルパワーで地上から100ft(約30m)でぐねぐねに曲がった川を追え、といわれて飛ぶ訓練はレッドブルエアレースみたいでものすごく楽しかった。】


CPLの試験は、大きく2つに分かれている。ひとつは、クロスカントリー(XC)で、これは航法が主役。もうひとつは、旋回や不時着時の動作など、エアワークと呼ばれる飛行機の動きの正確さを試されるもの。そして、CPL XCはすでに終わっている。残るはエアワークの試験。通常はこの最後の試験のことを指して「CPL」と呼んでいる。

すぐにAlfaのType Rating(機種ごとの操縦資格)を取って、昨日までエアワークをやっていた。もともとアクロ用に設計され馬力のある飛行機なので、エアワークのひとつである「Max Rate Turn」をやると3Gくらい入ってスロットルに添えた手がかなりの重さになる。視界もいいし、このままAlfaでCPL試験をやってもよかった。そうした場合は、新しい飛行機に短時間で慣れるというテーマでCPL訓練をすることになる。それはそれでいい挑戦だろう。


【古巣、NZWL「ウエストメルトン」に再び。サマータイムも始まって5時以降も飛べる。人がいない。飛び放題。】


クロカンだろうが、エアワークだろうが、CPLというからには安全・定時・快適・経済 という、フライトの総合的なマネジメント力を見られるのは言うまでもない。要は、

「こいつを明日から金銭的な対価をもらって飛ぶパイロットにしていいのか??」

というのがポイントだ。航法の正確さ、マニューバの正確さなどは、このコンセプトの結果として出てくるものに過ぎない。だから、本当は使う機体はどれでもよかった。

いろいろ考えた結果、最後のCPLの試験はPA28-140チェロキーに戻ることにした。理由は金曜日にこの150馬力のチェロキーに乗って、PPLの頃を思い出したからだ。Alfaとは異なった意味で、一体感を感じる飛行機。この飛行機で、1年間の自分の成長を定点評価してみたい。兎に角、いい飛行機なんです。チェロキー。

後2週間で、目指せ±0ft!
     2019.01.29 Tuesday



コメント
ひささん>
お久しぶりです。コメントありがとうございます。日本の学校に入るにはお金が足りないので少し働いてからですね。少なくとも借金の頭金くらいは貯めないと!笑

IMAさん>
はじめまして。コメントありがとうございます。座談会行かれたのですね、印象はいかがでしたか?私も卒業後は座談会に顔を
出せたらなと思っています。時間が合えば個人的に
でも構いませんが。そのためにもまずCPL合格できるようがんばります!!
  • Atsusuke
  • 2011.10.11 Tuesday 18:01
初めまして
IMAと申します.

いつもブログを拝見させていただいております.
このブログでIAANZを知り,説明会にも行かせていただきました.私も是非訓練のことを伺いたいです.

試験がんばってください!
日本から応援しています.
  • IMA
  • 2011.10.10 Monday 21:53
Ashさん

もう少しで、IAANZを卒業するのですね!


日本に帰ってきたら直ぐに朝日に入校するのでしょうか?


もし機会がありましたら、是非お話しを伺わせて下さい!
  • ひさ
  • 2011.10.09 Sunday 21:47
はじめましてこんにちは。

コメントありがとうございます。
帰国予定は10月末を予定しています。
いただいたメールアドレス宛に、同内容にて返信しておきました。

よろしくお願いします!!
  • Atsusuke
  • 2011.10.06 Thursday 02:53
はじめまして。CPLがんばってください。
もしよろしければお話をお聞きしたいのですが
日本への帰国予定はいつごろですか??
  • ASAYAMA
  • 2011.10.05 Wednesday 01:13
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
スポンサードリンク

プロフィール
2010パイロット訓練
2013インストラクター
2018エアライン

命を削って、キャリアを掴む。

ブログ移行しました。
2018年9月から、note.muに移行しました。詳しくは、最後の記事の本文を参照ください。

おすすめリンク先。
  • » ■うさこの日々。
  • » ■IAANZ(フライトスクール 日本語版)
  • » ■IAANZ(フライトスクール)
  • » ■海外でパイロットへの道 IN NEW ZEALAND
  • » ■無料留学エージェントのサザンクロス
  • » ■手数料を節約して便利に海外送金する方法
  • » ■NZ大好き.com
  • » ■点描-brog-
  • » ■BLOG クライストチャーチ最高!&NZ生活 / 生活情報
  • » ■鳳文書林(航空図書 航空図 航空用品)
  • » ■国土交通省
  • » ■気象庁
  • » ■無料ブログ JUGEM
  • » ■ニュージーランドアカデミー

  • PR
    ランキング参加中
    にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    にほんブログ村
    JUGEM PLUS