<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< CPL Flight test 4 | main | 帰国レポート >>
     2019.01.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


     2011.11.10 Thursday
例によって直前まで天気は微妙だったが、雲は上がることはわかっていた。何回も延期したので、部屋のセットアップはうまくなった。書類をぴっしりと並べて印象をよく。笑

さーてと、と言う声とともにDaveが入ってきて、薄板に小さな長方形を書いた。

「THIS is the paddoc. THIS is the wind direction. YOU are here.」

よかろう。

「HOW would you fly to make this paddoc?? Show me.」

ニヤニヤして何を聞くかと思えば。

着陸地点はPaddocの端から1/4入ったところ、その左右1マイルに1000ft点、その風上サイドに1500ftエリア。このエリアは1000ft点をピンポイントで通過するための調整に使う。だから、点ではなく広がりをもつ円であらわされ、点から円に向かって2本接線を引く。コーンに乗ったアイスクリームのような落書きが長方形の両脇にできる。どちらかのアイスの中に、風下に向かって持っていくことができればいい。

「Thats What I want to see today. Let's go to Selwyn.」

そうですか。見とけよー。

離陸直前に天気のレポートを聞いてWestにいくことに。さらにオペレーションをするDarfield上空まで,3500ftでいけという。まぁDepartureの変更もControl VFRも今までやったことがあることだし、確かに、おちついてやればどうってことはないのだけれど、本当にテストでやるとは。いや、テストだからやっているのか。さらにCHCH離陸時にEFATO(離陸後エンジン故障)課目を実施。にやっぱりこの人は不意を突いてくるのが好きらしい。私とDaveが乗るチェロキー(ZK-EBM)は滑走路の端っこからよたよた上がっていく。Go for Speedに気をつけて、一気にノーズを上げすぎないように。最後まで気は抜けない。

「Steep turn to the left 360 degrees, please.」

しゃぁ。

Ref. Point, Ref.Alt, Look out, PWR Full!

ノーズでまわして、滑らせないように気をつけて。。。エントリーさえしくじらなければ、うまくいく。バンク確立、バックプレッシャーセットで失速警報がなる。そこからさらにもうチョイバンクを。。。。VSIはびったり横を指して動かない。いい感じ。外を見て、VSIが少し上がる。バンクを深くしてすぐ戻す。Ref.Pointきた。リードを見てねじりこむように戻す。

「To the rifht, please.」

トルク効果によるエルロン入力レートの違いからくるラダー量と、VISのフェイク表示に気をつけて。これもノーズでまわしていればわかる。


「Max Rate turnか。私はSteep turn って言ったんだけど。。。」


。。。あれ?? そうだったっけ。


「でもまぁPerfectだったからいいや。」


はは、ありがとうございます。前回パワー制限下でやらされた手前(私自身が)よっぽど見せたかったんだろう。Air sickになりかけながら練習したMax rate turnを。。笑


DarfieldとKirweeという街のちょうど半分のところに、Air Strip(滑走路)があるという。目を凝らすと、かなり大きなGrass Runwayが NE-SW 方向に走っているのが見えた。08と26だという。DC-3という尾輪式の大型機が、遊覧飛行でこの付近を飛ぶことがあるのだが、その拠点だという。さらに言うと、隣に座っているおっさんは、そのDC-3のパイロットでもある。Darfieldでは何度もオペレーションしたが、知らなかった。ほとんどパドックと同じ色と形をしているので無理もないのだが。ここでForced Landingをするという。パドックを決めてしまっていいのか。それなら簡単だ。思ったとおりのパターンで、各種のブリーフィングをしながら降りていく。flapをうまく使って慎重に、だがしっかりとスピードを殺す。

「Perfect!!」

ふへへ。


さらにいくつかやったあと、すぐに「クライストチャーチへ帰れ」といわれる。本来この台詞は、Failが確定して試験を中断するときに使われる。一瞬どきっとしたが、今までのつかみからすると大丈夫だ。不用なプレッシャーを自分にかけるのはやめよう。必要のないことだ。

普通にjoining も滞りなく進み、135要件のP-Chartの計算結果をチラッと見せて SEAL RWYを選択する旨を告げたがGRASSでいいからノーマルランディングをみせろという。無難にこなして終了。燃料PUMPで握手。さくさく進んであっけなく合格してしまった。。。

デブリで言われたのは、よく全体が準備されていたということ、前回指摘した点が完璧に治っていたこと、EFATOではフラップをもっと早く使ってすぐに降りることなどを指摘。だが、テストリポートにはたくさんいい評価をもらった。うれしい。


もっとうれしいのは、担当教官のクニさんにとって、初めてのCPL生徒になれたこと。PPLから面倒を見てもらった、この恩師の記念に自分がなれたことほど誇りに思うことはない。一度悔しい思いもしたが、それとて教官と一緒に成長できた証といえる。さらに、一緒に訓練してきたTracy(男)というkiwi(同じ日に試験を受けて、同じFroced landing で落とされていた。)もこの日、10月29日に合格!!クニさん1,2 finishである。


Heeee-Haw! WE made it!! WE are Commercial Pilot Now!!!

     2019.01.29 Tuesday



コメント
natsuさん>
コメントありがとうございます。まだまだ長い道のりですが、日本の訓練を受けるのが今から楽しみです。
  • Atsusuke
  • 2011.11.19 Saturday 23:19
おめでとうございます。
エアラインパイロットへ大きく前進ですね!
  • natsu
  • 2011.11.18 Friday 21:11
Cirrusさん>
はじめまして、コメントありがとうございます。
12月の座談会には私も顔を出せたらなと考えています。そこでお会いできたらいいですね!

白土さん>
コメントありがとうございます。そうですね、環境が変わったので中だるみしないように気をつけます!!笑


いろいろな人に応援の言葉をかけていただき、ほんとうに力になっています。ありがとうございます。
  • Atsusuke
  • 2011.11.13 Sunday 23:58
おめでとうございます!

夢がぐいぐい近付いてる感じですね!

  • 白土
  • 2011.11.12 Saturday 21:21
Congratz!Ash!
はじめまして、最近全く同じ境遇で自力ライセンス
取得を考えている者です。ライセンス取得へと
動いていく経緯が自分と重なるところが多々あり
食い入る様に読ませて頂きました。
晴れてプロパイロットになられた事を大変嬉しく
思っております。おめでとうございます!

分の悪い戦いに身を投じる志の高い方のご活躍を
拝見できる事は自分の航空留学への強力なDriveに
なっていると思います。12月にIAANZの説明会が
あるとの事で参加予定です。

是非引き続きお体に気をつけて訓練に臨まれて
下さい。1年遅れになりそうですが、チャレンジ
して自分なりの道を見つけてみようと思います。
Be hungry! Be foolish!
  • Cirrus
  • 2011.11.12 Saturday 19:03
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
スポンサードリンク

プロフィール
2010パイロット訓練
2013インストラクター
2018エアライン

命を削って、キャリアを掴む。

ブログ移行しました。
2018年9月から、note.muに移行しました。詳しくは、最後の記事の本文を参照ください。

おすすめリンク先。
  • » ■うさこの日々。
  • » ■IAANZ(フライトスクール 日本語版)
  • » ■IAANZ(フライトスクール)
  • » ■海外でパイロットへの道 IN NEW ZEALAND
  • » ■無料留学エージェントのサザンクロス
  • » ■手数料を節約して便利に海外送金する方法
  • » ■NZ大好き.com
  • » ■点描-brog-
  • » ■BLOG クライストチャーチ最高!&NZ生活 / 生活情報
  • » ■鳳文書林(航空図書 航空図 航空用品)
  • » ■国土交通省
  • » ■気象庁
  • » ■無料ブログ JUGEM
  • » ■ニュージーランドアカデミー

  • PR
    ランキング参加中
    にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    にほんブログ村
    JUGEM PLUS