<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 天気予報を「疑うかどうか」を決める。 | main | 落ちるな、墜ちるな、堕ちるな。 >>
     2019.01.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


     2012.03.08 Thursday
パイロットの時計というと、どんなのを思い浮かべるだろうか。



こんなんだろうか。




それともこんなやつだろうか。


私はNZで飛んでいたときはセイコーのアナログ時計を使っていた。シンプルで問題はなかったが、実際に飛んでみると、こんな時計がほしいというのが出てくる。今回は、私の個人的な経験からパイロットにぴったりな時計というのがどんなものか、考えてみたい。ここから先は、飛行機には時計がついていないという前提で話をする。IFRで使う飛行機には、DMEという機材にタイマーがついているので、そちらのほうが使いやすかったりするが、今回は腕時計の話をしているのだから。


たとえば、いかにもパイロットっぽいこんなのは?




こんな風にいろいろな機能がついた時計を持っていても、それを使い切れないのはあまり粋じゃないとおもっている。やたらと細かい目盛りや航空計算尺までついていても、私は使いこなす自信はない。風の計算なら、専用のナブコンを使えばいい話だ。

【デジタル?アナログ?】
たとえば、飛行場を離陸して所定のトラックをインターセプトし、あと10分針路を維持してその後260に変針だ、というような状況を考えてみる。今、時計の針が15分を指していれば、それが25分のところにくるまで基本的には(風にもよるが)とりあえず時間を気にしなくていいことになる。針の位置というビジュアルを一瞥するだけで「まだだ」とか、「そろそろ目標が見えてくるぞ」などがわかりやすいのが、アナログの利点だ。

さて、飛行機に乗っていると時間をメモしたり、管制機関に到着予定時刻(ETA)の報告を求められることがある。こういうときはデジタルが便利。なにせ、答えがそこに表示されているのだから。アナログだと、細かい目盛りを読んで数字に変えなければならないので、ひと手間かかる。

また、飛行機の時間は、UTC、つまり世界標準時だ。NZにいようが日本にいようが、ロンドンの時間でやり取りをする。変針の手順はこんな感じ。

・さきほどの変針点に到達し、260に飛行機を向ける(TURN。)
・飛行機を安定させて、時計を確認(TIME。)
・針は3時37分を指していて、予定では28分後に目的地の上空に到達する。
・ここで管制機関にPosition Reportを入れなければならない。現在地と目的地とETA。

ETAは、現地時間で1605である。NZは12時間進んでいるから0405、、、私は、こういう計算が苦手だった。特にアナログ時計は一瞥したときに数字が見えないので、変針点での時刻を忘れて時計を見直すということがよくあった。間抜けな話だ。でも、上に上がると地上では簡単にできることができなくなってしまうもんなんですよ。。。(言い訳)

まとめると、

アナログは、時間の経過を体感的につかむのに優れ、デジタルはピンポイントの時間を細かい目盛りを読むことなく正確に知ることができる、といったところか。


【クロノグラフ?】
クロノグラフとは、アナログ時計についているストップウォッチのことだ。私は、このストップウォッチ機能はいらないと思っていた。使う機会がそんなになかったからだ。だが、これを思い直すきっかけになったできごとがあった。今は、ストップウォッチ機能はついていたほうがいいと思っている。

教官のKUNIさんと飛んだ日で、かなり雲が低い日があった。確か、2000FTなかったかもしれない。その日はLFZ(Low Flyng Zone、低く飛んでもいいところ。)での訓練に絞って、さっと行ってさっと帰ってくることにした。手際よく準備して、飛んでいったのだ。LFZでPrecaution Landingの訓練を終え、さーて帰ろうかなと高度をとると、なんかおかしい。



雲、低くね??



どのくらい低かったかはあえて言わないが、なんか今まで経験したことのないぐらい周りが白濁している。。。となりのKUNIさんをちらと見る。


なにそんなニヤニヤしているんですか!? こういうときほど楽しそうな顔するんだからまったくもう。。。


CHの無線をとると、すべてのVFR機にSVFRという案内がされている。スペシャルVFR。少なくとも雲底1500ft視程5kmは切っているということだな。。実際にいつもは目と鼻の先にある空港が見えない。空港の空域に入るため、VRPと呼ばれるレポートポイントで「LFZにいるからさっさといれてくれ」との旨報告すると、管制官は、

「EBM.....Roger, eh, Hold at PINE for 3 minutes then report again.」

訳:「EBMさん、わかったよ、えーと、そこ(PINE)で3分待っててくれる?3分後もう一度呼んで♪」


HOLDの指示だ!HOLDという言葉が聞こえた瞬間にLOOKOUT, Bad Wx Configでの左旋回に入れていたが、実は、HOLD at PINE のあとはなんだかよく聞き取れなかった。Report again は聞こえたが、何をした後報告って言った?VRPでのHOLDは何回も経験していたが、3分、と時間で指示されたのは夜間以外は初めてだった。予期していなかったので、早い英語を聞き逃した。ふとKUNIさんをみる。おもむろに左手をあげ、ニコニコしながら「今3分計り出したからね。」

そういうことか!!とそこで理解。

実際に、機上で腕時計のクロノグラフ機能を使う場面に出くわしたのはそれが最初で最後だった。うーん。粋だなあ。こうして、やっぱパイロットの時計にはストップウォッチがついていないとだめかも。と思った次第である。

【金属バンド?ゴム(革)バンド?】

私のものは、金属だったのでコマをいじらない限り調整がきかない。こればかりは仕方がないが、それ以上に印象に残ったのは、金属バンド時計の、重さだ。私はゆるく巻くのが好きなので、重い時計はダランとたれ気味になって機上で見るのに不便だった。特に、普段時計を巻く左手は、操縦桿を握っている。手を操縦桿から離したくないのだが、腕を振るようにして目の前に持ってこないと見づらかったりする。時間を正確に知る必要があるときは、しっかり目の前に持ってきたいのだがそういうときに限って袖に隠れていたり、時計の自重でグルンと回ってしまったりしてしてとっちらかる。操縦桿を離しているわけには行かないので一度持ち直し、再度確認など、、、、時間は無常にも過ぎていく。


つまり、アナログとデジタルの両方がついていて、デジタルにはUTC表示もできて、ストップウォッチがついている軽くて正確な時計、が私にとっての理想の時計ということか。はぁ、そんな都合のいい時計、あるわけが、、、



あった。。。。





アマゾンは私の要望を知っていたのだろうか。本を探していたらこの時計が画面に「おすすめ」見たいに出てきて、何気にクリックすると今言った機能がすべてついているではないか!!

驚くべきは、その値段。なんと、送料込みで1980円である。

それでも安物買いの銭失いになっては元も子もない。口コミをみてみると、これが意外に評価がいい。うーん。どうしようかな。2000円か。

ポチ。

、、、ポチ??

気がつくとボタンを押していた。まぁ、2000円ならたとえハズレでも予備の時計だと思えばいい。そして、もしこれが本当に理想の時計だったらものすごくいい買い物になるではないか。楽しみにもなるし。早く届かないかな、いつになるかな。と、思ったら、




2日で着いた!!アマゾンってすごいな。さてこれが理想の時計となるのか。また感想書きます。








     2019.01.29 Tuesday



コメント
ジョニーさん
返信遅れました。。。これ、すごくいいですね!しかもそんなに高くない!!
  • Atsusuke
  • 2012.05.27 Sunday 00:39
WVA-470J-1A2JF

これなんか使いやすそうですね^^
  • ジョニー
  • 2012.05.12 Saturday 17:12
またまた遅いレスで失礼(汗

デジタル表示は必須ですよ!
頭の遅い自分としては、UTC時刻をデジタルに表示させてておくと、いつでも24時間表示でパッとUTCがわかるので便利です。
+9や−15してもいいんですけど、頭使いたくないときもありますんで(笑)
日付もアナログだけのものよりわかりやすいですしね◎
  • ジョニー
  • 2012.05.12 Saturday 17:07
ジョニーさん>
先日は面白い話をいろいろとありがとうございました。お会いできてよかったです。ウェーブセプターですか。文字盤がはっきりしていて見やすそうですね!デジタル表示がほしいと思ったことはありますか?
  • Atsusuke
  • 2012.04.26 Thursday 00:21
遅コメ失礼します。
先日は座談会でお会いできてよかったです。

私はNZ留学時代から副操縦士昇格まで、フライトには父にもらったカシオのWave cepterを使っていました。
この時計に電波受信機能とソーラー充電機能を備えたものです。
国内で飛ぶ分には完璧なんではないかと思っています。
国際運航の際は3ヵ国表示がほしいですね。
父のファインプレーに感謝です◎
  • ジョニー
  • 2012.04.21 Saturday 20:12
うさこさん>
耳が寝ていたら!
  • Atsusuke
  • 2012.03.10 Saturday 18:04
え・・・
この場合、耳は腕とright angleに向くと思いますがw
  • うさこ。
  • 2012.03.10 Saturday 08:13
うさこさん>それは残念ですねぇ。でもそんな形していたら耳の部分が手の甲にささって痛いですよきっと。
  • Atsusuke
  • 2012.03.10 Saturday 00:39
うさこの時計はうさぎの形はしていません!!!

残念ながらw
  • うさこ。
  • 2012.03.09 Friday 07:23
コロンボさん>
あはは!そうだったんですか、しばらくって、どのくらいですか。まぁ、弘法筆を選ばずですね!!
  • Atsusuke
  • 2012.03.08 Thursday 22:23
おいらの時計はしばらくの間、マイルドセブンのおまけだったど・・・。
  • コロンボ
  • 2012.03.08 Thursday 10:32
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
スポンサードリンク

プロフィール
2010パイロット訓練
2013インストラクター
2018エアライン

命を削って、キャリアを掴む。

ブログ移行しました。
2018年9月から、note.muに移行しました。詳しくは、最後の記事の本文を参照ください。

おすすめリンク先。
  • » ■うさこの日々。
  • » ■IAANZ(フライトスクール 日本語版)
  • » ■IAANZ(フライトスクール)
  • » ■海外でパイロットへの道 IN NEW ZEALAND
  • » ■無料留学エージェントのサザンクロス
  • » ■手数料を節約して便利に海外送金する方法
  • » ■NZ大好き.com
  • » ■点描-brog-
  • » ■BLOG クライストチャーチ最高!&NZ生活 / 生活情報
  • » ■鳳文書林(航空図書 航空図 航空用品)
  • » ■国土交通省
  • » ■気象庁
  • » ■無料ブログ JUGEM
  • » ■ニュージーランドアカデミー

  • PR
    ランキング参加中
    にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    にほんブログ村
    JUGEM PLUS