<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 志向意識水準 | main | THE PILOT 2013が出てる! >>
     2019.01.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


     2012.12.24 Monday
先週の金曜日で仕事を終えた。

約1年間の翻訳の仕事は大変だったけどやりがいがあった!最後の案件は1年分の分量のものをエクセルの置き換えを駆使して2ヶ月でやりきった!全部終わったのは昨日。間に通訳を挟みながら徐々に口も英語に慣らすことが出来た。良い職場だった。全く私は運が良い。

1年前、翻訳者としての経験がない私が、駄目もとで英語で「知性」という意味の会社名を持つ派遣会社に登録した次の日に、たまたま見つかった翻訳者の口。普通ならあり得ない抜擢だった。CPL取った次の日にチャーター会社に雇われるようなものだ。全く私は運が良い。

前半は日本語と車の知識でしか勝負できなかったが、徐々に日本語を英語に置き換える回路が頭の中に出来てくるのが分かった。おそらく私があげたものよりもらったものの方が大きいだろう。やっと脳みそがこなれてきたところの今、ここでやめるのは少し惜しい。

でもあと数週間で生活は一変する。電車の椅子からやっと飛行機の椅子に戻ることが出来る。全てのことに感謝して、いろいろな人に力を少しずつ借りて、自分の責任で目標を達成する生活に戻る。こんな幸福なことがあるだろうか。自分が置かれている環境が何によってもたらされているか、そのことを勘違いしないようにしなければ。全く私は運が良い。

みんないろいろありがとうございました。



今回は英語版も載せてみよう。[1]



I finished the job on last Friday.

It was very hard to survive through this year, the translation job, but it was worth to! I completed the last translation task that would have taken a year in two months by full use of "replace" function of Excel! I finished it yesterday. I also had a chance to brush my "English speaking and listening" up by being an interpreter. It was a great workplace and colleagues. I was quite lucky.

Just a year ago, I was registered in a staffing agency whose name meant "intelligence" in Japan with a little hope of a chance to be hired as a translator, which would normally be almost impossible because I had no working experience as a translator. Then the hope came true. A car-part maker hired me on the next day of my registration! It's like being hired by a charter-operation company on the next day of the CPL flight test! I was quite lucky.

In the first half, I was struggling to catch up my talented colleagues. My advantages was the deep understanding of Japanese and cars, but my English had many flaws. As it goes however, I felt that my brain started to construct small neuro circuits to translate technical Japanese sentences into plain English. I probably learnt from my colleagues more than what I gave to them. Now the brain has been finally run-up but I have to stop here with a little reluctance.

A drastic change in my days will occur shortly. In the next few weeks, I can finally go back to the seat of the airplane from the seat of the commuting train. I will return to the life where I concentrate on what I really want to do at my own risk feeling gratitude to all the people around me for their thoughtful help. How could the life be happier than this? I will never forget whom and what I should thank for being in this kind of great environment. I am quite lucky.

Thank you for everything guys!



1. カタい英語だがテクニカルライターだからしょうがないのだ。


     2019.01.29 Tuesday



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
スポンサードリンク

プロフィール
2010パイロット訓練
2013インストラクター
2018エアライン

命を削って、キャリアを掴む。

ブログ移行しました。
2018年9月から、note.muに移行しました。詳しくは、最後の記事の本文を参照ください。

おすすめリンク先。
  • » ■うさこの日々。
  • » ■IAANZ(フライトスクール 日本語版)
  • » ■IAANZ(フライトスクール)
  • » ■海外でパイロットへの道 IN NEW ZEALAND
  • » ■無料留学エージェントのサザンクロス
  • » ■手数料を節約して便利に海外送金する方法
  • » ■NZ大好き.com
  • » ■点描-brog-
  • » ■BLOG クライストチャーチ最高!&NZ生活 / 生活情報
  • » ■鳳文書林(航空図書 航空図 航空用品)
  • » ■国土交通省
  • » ■気象庁
  • » ■無料ブログ JUGEM
  • » ■ニュージーランドアカデミー

  • PR
    ランキング参加中
    にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    にほんブログ村
    JUGEM PLUS