<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 二周年 | main | 惰性のコントロール >>
     2019.01.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


     2015.08.30 Sunday
ATPLのHuman Factorという学科試験を先日終えた。学科試験は学生だけのものかと思いきや、いまだにお勉強。パイロットは一生お勉強。

私が持っているライセンスはCommercial Pilot Licence(事業用操縦士・CPL)だが、エアラインの機長として乗務する為にはもう一段階上のライセンスが必要になる。これがAirline Transport Pilot Licence(定期運送用操縦士・ATPL)だ。日本のシステムでは、副操縦士の候補生にATPLの学科を採用時に求めることはないと思うが(実際、乗務の為には直ちに必要なものではない。)ニュージーランド、特にニュージーランド航空では採用条件として”Preferable”と書かれているが実際にはほぼ必須要件になっている。実質8科目あるATPL学科の全科目合格を持っている人とそうでない人では、機長昇格のプランの立てやすさが違うからという理由かもしれない。ちょっと並べて見よう。

1 Basic Gas Turbine knowledge (BGT)
2 Meteorology
3 Human Factor
4 Law
5 Nav Aids
6 Flight Planning
7 Navigation
8 Systems

だから、みんな自腹でやらざるを得ない。悪いことに、1科目の受験料が23000円くらいする。あえてかけ算はしないけれど、インストラクターの薄給には大打撃だ。しかも、一つでも落としたらおそらくニュージーランド航空へは入れない。

学生時代も大変だったが、働きながらやる勉強って言うのはまた違った意味で大変だ。時間を勉強だけに使えないからだ。日々の生活もあるし、オペレーションもある。まとまった時間を作り出すのが難しい。今のところ3まで終わったが、毎回夏休みの宿題みたいになりながら、なんとか耐えている。今後も油断できないぞ。

うーむ、おかしいな、お金ってもっと楽しいことに使うものじゃなかったっけ。。



     2019.01.29 Tuesday



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
スポンサードリンク

プロフィール
2010パイロット訓練
2013インストラクター
2018エアライン

命を削って、キャリアを掴む。

ブログ移行しました。
2018年9月から、note.muに移行しました。詳しくは、最後の記事の本文を参照ください。

おすすめリンク先。
  • » ■うさこの日々。
  • » ■IAANZ(フライトスクール 日本語版)
  • » ■IAANZ(フライトスクール)
  • » ■海外でパイロットへの道 IN NEW ZEALAND
  • » ■無料留学エージェントのサザンクロス
  • » ■手数料を節約して便利に海外送金する方法
  • » ■NZ大好き.com
  • » ■点描-brog-
  • » ■BLOG クライストチャーチ最高!&NZ生活 / 生活情報
  • » ■鳳文書林(航空図書 航空図 航空用品)
  • » ■国土交通省
  • » ■気象庁
  • » ■無料ブログ JUGEM
  • » ■ニュージーランドアカデミー

  • PR
    ランキング参加中
    にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    にほんブログ村
    JUGEM PLUS